« 父親のつぶやき… | トップページ | 我が家の一番の働き者… »

悲しい事件

不謹慎かもしれませんが、先日女性キャスターが

自ら命の灯を消す事件がありました。

実は現場は僕の通勤途中の場所でした。

どうやらお家も僕らのご近所のようでした。

ご近所の方々からも発見当時の状況など

いろいろ耳にしました。

僕はこういう仕事をしていながら、彼女とは一度も

お目にかかったことはありませんでした。

が、やはりテレビ局内では非常に真面目な方との

評判でした。

お若いし、お綺麗だし、聡明でいて、努力家で、非常に

この華やかな世界にふさわしい人物だったと聞いています。

僕は普段通勤は車なのですが、チビ助が学校や病院へ

行くときに電車通勤に切り替え、チビ助ママが運転し、

チビ助を連れて行っています。

昨日も電車通勤で帰る際、非常に気になって

(興味本位だったのかもしれません)

その現場近くを歩いて帰りました。

近くまでくると、明らかに車の排気ガスとは違った

何か燃えたような香りが立ち込め、息苦しさと

吐き気がしたため、すぐに現場を去りました。

霊感があるとか、そういうつもりはありませんが

ひょっとしたら未だ彼女の後悔の念があたりを

包んでいたのかもしれません。

いずれにせよ、自らを葬り去ることの苦しみは

計り知れないけど、少なからず、もっと周りで

話をしたり、聞いたりしてあげていれば、ここまで

思いつめることもなかったのに、と思います。

誰でも悩みはあります。

当然、僕ら家族にも大きな悩みは数多くあります。

一方で、我が家の場合、チビ助はアチラの世界に

何度も行きつつも、ぼくらの希望を聞いてか、

いつも戻ってきてくれました。

集中治療室ではいつも周りの子供たちが苦しみの果て

次々と天使になっていく中で。

親御さんたちの悲しみに嗚咽する姿は、僕の頭の隅から

今でも忘れることなく鮮明に思い出されます。

どんなときにも選んではいけない道。

そんな悲しい事件であったと思います。

彼女のご冥福をお祈りするとともに、チビ助のがんばりに

感謝するばかりです。

|

« 父親のつぶやき… | トップページ | 我が家の一番の働き者… »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184524/41362819

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい事件:

« 父親のつぶやき… | トップページ | 我が家の一番の働き者… »