« お友達の訃報 | トップページ | チビ助ママと瓜二つ »

ごちそうさまぁ♪

昨日、仕事でお客さんと成田に出向いた。

「せっかくだから!」とお客さんの誘いで成田山詣でをすることと

なった。

平日にもかかわらず、春の陽気のせいか、少し込み合っていた。

本堂で商売繁盛と(ママの)無事の出産を願掛けした。

ここ成田の参道には非常に「鰻屋」さんが多い。

聞くところによると50~60件が、数十mの間にひしめいて

いるとか。

これだけあるとなかなか初めてでは迷うところだが、

お客さんの案内で1件の老舗のお店に入る。

話にきくと、ここら辺のお店を食べ歩きして

選りすぐった1件なのだという。

間口もとりわけ小さく、まさに「鰻の寝床」のような

奥に長い店構えで、1階奥のテーブルに通された。

大正ロマンあふれる、といった感じのレトロな雰囲気の

こざっぱりした店で、注文し、待つこと数十分。

お勧めのお店であることを堂々と証明するような、肉厚の

それでいてとろけるような脂の乗った鰻重があっというまに

空になった。

「知らない人はあちらの○○屋とか××屋に入るんですよね」と

お客さんが自慢げに説明してくれたのが非常にうなずけた。

東京でもいろいろなお店で食べたことはあるが、これだけの

おいしさと料金でなかなか見つけられないのでは、と思った。

帰りの道すがら、成田で浴びた大量のスギ花粉に涙と鼻水と

くしゃみを連発しながらも、あの鰻屋さんに次にいつ行けるかと

思いを馳せていた。

|

« お友達の訃報 | トップページ | チビ助ママと瓜二つ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184524/44398961

この記事へのトラックバック一覧です: ごちそうさまぁ♪:

« お友達の訃報 | トップページ | チビ助ママと瓜二つ »