« 気がつけば一週間・・・ | トップページ | ラーメン屋さんにて »

ガソリンスタンドにて

今朝、出勤前に馴染みのガソリンスタンドに立ち寄りました。

ここでたまに給油のほか、”プロ”の洗車をお願いすることがあります。

今日も時間があったのでお願いしました。

そうすると当然洗車の時間が、給油のほかに待ち時間となって

プラスして僕に与えられることになります。

考えてみると、この時間を過ごす、このスタンドの休憩所が

僕の一番心地いい、一番集中できる場所となっていました。

普段から車で移動し、車に携わる仕事で慣れているせいか、

雑然とした雰囲気も、誘導の大声にかき消されがちのBGMも

給油待ちの車の排気音も、かすかなオイルの香りもすべてが

僕にとってやさしい要素となっていました。

フォトリーディングを習ってからはこの時間が当然読書タイムとなり

今日もビジネス書1冊と雑誌1冊を読むことができました。

考えてみると7月に入って初めての読書かもしれません。

あまりに自分に余裕が無さ過ぎた・・・

変な気負いと焦り、妙な責任感とで気分がいつもすっきりせず、

不眠と相まって「自分の時間を持とう」という気になれませんでした。

でも違うんですよね。

きっと自分への言い訳だったんです。

今日の読書の内容ともリンクしてしまうのですが、

結局のところ「自分が主体もって当たっていかないと、何も始まらない」んです。

時間も、人間関係も、仕事も、時に恋愛や人生までも。

「こうしたい!」という目的があって、「やろう!」という意思がなきゃ

考えてばかりじゃすすまない。

時に流されること、じっくり考えることも必要なんだけど、

それは時たまでいい。

ぶっ壊れたって、涙流したって、たとえ明日で命が終わるとしたら

死に際に「あれ、やり残した・・・」「ああしてればよかった・・・」と

後悔ばかりで死にたくないし。

今、お陰様で五体満足、気合十分だけど、こればっかりは神様だって

わからない。

週末、社員のご家族が亡くなった。

原因はいまだよくわからない。

自宅マンションから飛んだそうだ。

残されたご家族はさぞ大変な週末となったに違いない。

葬儀はご家族の意向で密葬となったため

僕らはお手伝いもできなかった。

御本人もきっといっぱい悩んだに違いない。

御家族はこれから、ご本人以上に悩んで生きていかねば

ならないだろう。

終止符を打つことは簡単だろう。

だけどそれって悲しすぎるじゃない。

だってそれってずるいじゃない。

どんなときも逃げちゃいけない。

自分のために、家族のために。

思うままブログを書いていて、こんな形に帰結するとは

自分でもびっくりした。

読書は思考を広げ、考えることは方法を広げる。

あとは目的に向かって1歩を踏み出すか、

いつまでも考え続けるかの違いだけなのかもしれない。

|

« 気がつけば一週間・・・ | トップページ | ラーメン屋さんにて »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184524/45621465

この記事へのトラックバック一覧です: ガソリンスタンドにて:

« 気がつけば一週間・・・ | トップページ | ラーメン屋さんにて »