« やって来たアイツ | トップページ | 呼吸器運用3日目 »

呼吸器運用2日目

1486823095801.jpg

呼吸器運用2日目。

今日は昨日のような先生や、看護師、

メーカー営業さんのサポートは無い。

私たち自身でチビ助にやって見る。

昨日、先生からは「当初は10分程度」で

外して構わない、と指示を受けていた。

そして機器本来の使い方ではなく、

CPAPモードでの運用で開始。

自発呼吸が弱いなりにバッチリある

チビ助の機器への違和感を外していく

ため、最弱の換気量で設定されました。

実はチビ助、乳児の頃はずっとBIPAPは

経験済みで、あの頃は自発だけは

しっかりしていたので、呼吸があたり

始終苦しがって導入してみたものの

長続きしませんでした。

今回はCPAP。チビ助のジィジが実は

数年前から呼吸が極端に弱くなり、

現在までずっと使い続けています。

昨日は装着後10分で外しましたが、

本人なりに違和感も無さそうで、

SpO2 99~100、ハートレイト 85

くらいでチビ助にしてはかなり

落ち着いておりました。

CO2もココのところのチビ助が

70~80代だったのに対し、

(健常者で40前後くらいとか)

昨日の使用後で70と落ち着いている

ほうでした。

と言うことは、しばらくこのまま

続けていれば何らかの効果が出る

可能性は高い!のかもと期待して

しまいます。

実際、脱着後はしばらくの間、

よっぽど溜まっていたのか、

排痰の量が物凄かったのが

脅威的でした。

吸引機で引いても引いても

ジュルジュルと引ききれず、

SpO2が下がりアラームがなるので

一旦やめて、人工鼻で酸素を

あげると、その間にまた「ゴロゴロ」と

痰が上がり始める程でした。

おさまるまで数時間、ずっと

そんな状況が続きました。


対して今日は実施15分。

1日を通して排尿ばかりで排便が

ほとんど無いものの、咳き込んで

オナラばかりという珍しい日でした。

吸入しても、あまり痰は上がってこず

吸引もそれほど引けませんでした。

それがやはり15分の運用のあと、

引けること、引けること。

しばらく引いたらまたスッキリしたのか

チビ助、ねてしまいました。

やっぱり呼吸が楽になると、薬の

影響もあり眠くなっちゃうようです。

機器の操作方法も、昨日はよく

分かりませんでしたが、今日は

妻に教えて貰いながら、妻も

何となく思いだしながら、

おっかなびっくり触ってどうにか

出来たような状況です。

まあ、次男チビ太が触って設定が

勝手に変わらないようセーフティモードの

画面にしてもらっていたので、

私たちが触っても壊れないようには

なっているのでした。

今回導入の人工呼吸器、パピーX(テン)は

日本製ながら、現在世界でも最小、

最軽量なんだとか。

バッテリーを外付けであれば

さらにちいさい物があるようですが

バッテリー内蔵のこの機器は

この状態での最軽量なんだそうで、

どうでもいいメーカー仕込みの

薀蓄でした(笑)。

ちなみに重さも本体は3kg程度とか。

こういうのも写真ではよく

分からなかったところでした。

もし、これから呼吸器導入を

検討されていたり、選択を迫られてる

方がいらしたら、ぜひ参考にして

頂けると幸いです。

ボクらには残念ながら、何となく

お友達が使っていたとか、往診の

先生からの話程度しか情報が無いまま

問答無用のすぐ導入でしたので。

しばらくこちらのブログで長男

チビ助の使用状況をアップしていきたいと

思います。

こちらも何かの参考になるといいと

思っております。


最後までお付き合いくださり

誠にありがとうございます。

あなたに巡りあえたご縁に感謝致します。

|

« やって来たアイツ | トップページ | 呼吸器運用3日目 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184524/64881375

この記事へのトラックバック一覧です: 呼吸器運用2日目:

« やって来たアイツ | トップページ | 呼吸器運用3日目 »